リボン・フエルト・布を使った簡単ヘアアクセサリーの作り方 ハンドメイドに色々使える♪ 無料型紙のダウンロード

布で作るふっくらリボンの作り方

【難易度:★★★☆☆】

『フエルトリボンの作り方』と同じ型紙をつかった布のリボンです。
一周ぐるっと縫うだけなので、細かく縫えば手縫いでも作れます。
ヘアゴムにしたり、ヘアバンドやカチューシャ、シュシュなどの飾りにしてもかわいいです。
中に綿をつめたり、キルト芯をはさむととふっくらかわいいリボンになります。




リボンの型紙

リボンの型紙をダウンロードする

リンク先をクリックして、右クリック後「名前を付けて保存」でダウンロードできます。

そのまま印刷すれば、A4サイズに印刷されます。
大きさを何パターンか用意しましたが、希望の大きさがないようでしたら、印刷時に拡大or縮小して印刷するか、コピー機などで希望の大きさに拡縮してお使いください。

※ スマートフォンなどではリンクをクリックすると自動でダウンロードが始まるようなので、ご確認の上クリックしてください。

材料&道具

【材料】
・ 布
・ パンヤなどのつめ物
・ ダウンロードした型紙

【道具】
・ 針と糸
・ ミシン(手縫いでもOK)
・ はさみ

作り方(1)


今回は7cmサイズの型紙を使用しました。

布に型紙をあて線をひき、縫い代を5~10㎜程度とって裁断します。
返し口の部分(2cm程度)に印をつけます。
2枚用意します。
リボンの中心を巻く布を約2cm×3~5cm程度に切っておきます。

作り方(2)

布を中表にあわせてまち針でとめ、返し口を残してぐるっとミシンがけします。

作り方(3)


縫えました。
小さいサイズのリボンのときは表に返したときにがさばるので、余分な布を少しカットしておきます。

作り方(4)


返し口から表に返します。
箸などを使ってカーブの部分もきれいに整えてくださいね。

小さいリボンならあまり気にしなくても大丈夫ですが、大きめサイズのリボンでしたらここで一度アイロンをかけておくときれいに仕上がります。

作り方(5)


中に綿をつめないリボンのときは、ここで返し口を閉じます。
まつり縫いか、コの字とじで、同色の糸を使って閉じてくださいね。

作り方(6)


口を閉じたら、リボンの形を整えて、三つ折にした布で巻き、裏側を針と糸でとめます。

作り方(7)


完成です。

作り方(8)


綿をつめる場合は、返し口から入れます。
真ん中あたりは綿を少なくしておくとリボンの形が作りやすいです。
綿をつめたら、少し左右に分けるような感じにするといいと思います。

 

作り方(9)


綿をつめたリボンのときは、一度糸などで真ん中を絞っておきます。

完成♪


カットしておいた布を三つ折にして巻き、裏側を糸で縫いとめれば、完成です。

 

作り方(11)

ヘアゴムやヘアピン、同じ布で作ったシュシュにつけてもかわいいです。

作例


リボンの型紙・大サイズの9cmの四角い角丸の型紙を使って作りました。
(布で作るリボンの場合は、型紙の角丸のカーブを点線のほうにすると、丸みがうまくでてかわいいですよ)

 




PAGETOP
Copyright © 2004-2016 CocoRibbon. All Rights Reserved.