リボン・フエルト・布を使った手作りヘアゴムや簡単ヘアアクセサリーの作り方 ハンドメイドに色々使える♪ 無料型紙のダウンロード

くるみボタンの種類と比較

色々な種類があり、良く分かりにくい「くるみボタンのキット」ですが、一般的に多く出回っているもの(=補充用の金具が手に入りやすい)を中心に、金具や打ち具の使い勝手など、まとめてみましたのでご紹介します。
基本的に、打ち具は「押し込むだけで簡単に作れるタイプ」、「木づちで打ち込むやや本格的なタイプ」、「業務用のハンドプレス」など、数種類があります。
くるみボタンの大きさは、18㎜と22㎜が一番良く使うサイズかなと思います。

簡単にまとめた比較表も一番下にありますので、参考にしてください。






くるみボタン(1)

■ ミラクルボタン (ゴンドラ商事)  オススメ♪
・ 押し込むタイプ
・ 薄地~普通地用
・ サイズ展開(12㎜、15㎜、18㎜、22㎜、27㎜)

★おすすめポイント♪
専用の打ち具で押し込むだけなので、音を気にすることなく簡単に作れ、出来上がりの形もかわいいです。
輪っかの部分をはずすとフラットになるので、ヘアピンやリボンの飾りなどに加工しやすいです。

☆マイナスポイント…
ヘアゴムにするとゴムに結び目を隠すことができないので、裏側の見た目がいまひとつな感じです。

くるみボタン 18mm 打具付 ミラクルくるみボタンキット ゴンドラ 手芸の山久

くるみボタン(2)

■ カバード釦 (サンコッコー) オススメ♪

・ 押し込むタイプ
・ 薄地~普通用
・ サイズ展開(12㎜、15㎜、18㎜、22㎜、27㎜)

★おすすめポイント♪
ヘアゴムに加工するときに、ゴムの結び目を通し穴の中に隠すことができるので、裏側もすっきりします。
また、通し穴が一体型なので、強くひっぱってもとれることがなく、ヘアゴム用に最適です。
打ち具がしっかりしていてとても使いやすいです。金具をセットする土台(画像:白い方)がきつすぎず、布とくるみボタンをセットする時に布がずれにくいです。(これで土台部分が透明だったら完璧です!)
打ち具(画像:黄色い方)も押す時に手が痛くなりにくいです。
(サイズが同じなら、ミラクルボタンや100均のくるみボタンにも使えます。)

☆マイナスポイント…
ヘアピン&パッチンどめ用にするには少し加工が必要です。
加工の仕方はこちらに載せていますので、参考にしてください。

くるみボタン(3)

■ ホームツツミボタン 『金具:クロスシー』 (石崎プレス工業)

・ 木槌でたたくタイプ
・ 普通地~中厚地用
・ サイズ展開(10㎜、12㎜、14㎜、16㎜、20㎜、25㎜)
※金具のみ(クロスシー)は7・18・23・30㎜ もありますが、 業務用の専用打ち具が必要です。

★おすすめポイント♪
打ち具の形状が業務用の金属製打ち具と同じなので、本格的なくるみボタンが作れます。
やや厚めの生地にも使えます。(逆に薄手の生地は何枚か重ねる必要があります。)
裏側も通し穴以外はフラットに仕上がるので、裏側の見た目は一番きれいかと思います。ゴムの結び目も隠せるタイプです。

☆マイナスポイント…
木づちなどで何回か叩いて打ち込むので、音がうるさいです。
慣れるまで結構失敗したりもします。。。
補充用金具は、少量で販売しているところは少なく、大量パックになっていることが多いです。

※裏に通し穴のない、ホームツツミボタン フラットタイプ (クロスシー)もあります。
・ サイズ展開(12㎜、14㎜、16㎜、20㎜) (業務用パックあり)

くるみボタン(4)

■ ミンク クルミ (ゴンドラ商事)

・ 木槌でたたくタイプ
・ 普通地~中厚地用
・ サイズ展開(10㎜、12㎜、14㎜、16㎜、20㎜、25㎜)

業務用のくるみボタンの為、打ち具付きのキットはありません。通常こちらのタイプを使用したい場合、業務用の専用打ち具が必要になりますが、一部サイズで、前述のホームツツミボタンのプラスチック打ち具が使える為、参考として載せました。 (使えるといっても、25㎜サイズはピッタリだが、20㎜はややきつい、といった微妙な違いはあります。)
ホームツツミボタンの打ち具でも一応、打てるのは、14・16・20・25㎜です。
※純正の打ち具ではありませんので、ご使用になる場合は自己責任でお願いいたします。

★おすすめポイント♪
裏面もフラットな本格的なくるみボタンを作りたい方。
クロスシーと同様にやや厚めの生地でも作ることができます。
このタイプも金具はニッパーなどでカットすれば、すぐはずせますのでヘアピンなどの加工には向いてます。

☆マイナスポイント…
やはり、打つのがやや難しいです。
基本的に業務用なので、補充用金具はまとめ買いという感じになると思います。

くるみボタン(5)

■ 100円ショップのくるみボタンキット

・ 押し込むタイプ
・ 薄地~普通用
・ サイズ展開(12㎜、15㎜、18㎜、22㎜、27㎜)
※近所の100均ではこのサイズしかなかったです。

★おすすめポイント♪
なんといっても価格が安いです。100円で20個以上入っているものもあります。
専用の打ち具で押し込むだけで作れるので、簡単に作れます。
輪っかの部分が簡単にはずれ、フラットになるので、ヘアピンやリボンの飾りなどに加工しやすいです。
打ち具の土台が透明なので柄の位置を確認することができます。

☆マイナスポイント…
ゴムの結び目が隠せないのでヘアゴムにすると、裏側があまり美しくないです。
また、作りが若干甘いので、ヘアゴムなど、ひっぱることが多い用途にはあまり向かないかもしれません。

くるみボタン比較(1)

5種類のくるみボタンの形状を比べてみました。(PCの方は拡大してご覧ください)
ミンクとクロスシーは18㎜の規格がないので、20㎜サイズ(生地は2枚重ね)を使用しています。

裏面以外は、いまひとつ違いがわかりにくいですが、微妙な違いはありますね。

くるみボタン比較(2)

こちらはミンク、クロスシーは25㎜サイズ(生地は2枚重ね)、他3種は22㎜を使っています。

大きいサイズになると、ミンク、クロスシーは少し平たいような気がします。(私の打ち方が悪いのかもしれませんが)

他の3種類はそれほど違いがないように感じます。

くるみボタン比較(3)

18㎜サイズでの比較です。22㎜ではあまり違いがないように感じました。
このサイズでは、100均のほうがはめこみ部分とトップのカーブがやや甘い感じがします。
でも、100円ですから、仕方ないかな。今後この辺が改善されるといいですが。
やっぱり表面は丸くカーブしていたほうがかわいいです。

100均商品はキットも数種類あり、入っている個数も違ったりするので、そのときどきによって品質も違う可能性があります。
ということで、こちらはあくまでも参考程度にしていただければと思います。

くるみボタン比較(4)

15㎜から27㎜までのくるみボタンを並べてみました。

くるみボタン比較表

※H24.12.26日現在のものです。価格・仕様などは変更になっている場合がありますので、販売店などでご確認ください。






 
 

関連ページ

PAGETOP
Copyright © 2004-2017 CocoRibbon. All Rights Reserved.