ふんわりリボンのバレッタ

ふんわりリボンのバレッタ

難易度:ふつう

好きな布を使ってつくるふんわりとしたリボンのバレッタです。
比較的柔らかめの布地のほうが仕上がりがきれいです。
今回はバレッタで仕上げましたが、ヘアゴムやカチューシャの飾りなどにもおすすめです。

材料&道具


【材料】
・ 布 円形で25cmほど使います
・ バレッタ金具
【道具】
・ 針と丈夫な糸
・ グルーガン
・ はさみ
生地を円形に型どりします。
だいたい25cmの円で約10cm前後のリボンが作れます
円はだいたいの大きさで大丈夫なので、適当な大きさの丸いものを探して円を描いてください。
お皿とかお鍋のふたとか、探せば結構ありますよ。(*’-‘)b
もちろん普通にコンパスで描いてもOKです。

作り方(1)


布の端を5㎜ぐらいのところを粗くなみ縫いしていきます。

作り方(2)


一周全部縫います。
画像では最後まで糸を引いてませんが、実際には少しずつ縫いながら糸を引っぱっていったほうがやりやすいと思います。


作り方(3)


周りを縫い終わったら、画像のように糸を引っぱり、玉止めします。
閉じ口が小さいほうがいいので、できるだけ強くひっぱってください。
玉止めした後の糸は切らずにそのままで大丈夫です。

作り方(4)


表側を見ながら、真ん中あたりの布をたぐり寄せ、リボンの形をつくっていきます。

作り方(5)

だいたい形がつくれたら、ついている糸で真ん中部分をぐるぐると巻いていきます。

作り方(6)


4、5回巻けば大丈夫だと思います。
しっかり巻けたら、針を適当なところに刺して玉止めします。

作り方(7)


これでリボンの形ができました。

作り方(8)


バレッタは初めに、真ん中をつけてから両端をそれぞれつけていきます。
金具をグルーでつけずに、真ん中のリボンで金具を巻いてとめ、両端は糸で縫いつけても大丈夫です。

完成♪


真ん中部分は、同じ布を細く切って折ったもので巻いてもいいし、リボンで巻いてもかわいいです。
レースなどを飾って見えないなら、特に巻かなくても大丈夫かと思います。
サイズ 約11cm
小さいサイズで作るなら、円を20cmとか調整してくださいね。
普通の布以外にもチュールやオーガンジー素材などで作るともっとふんわりしたリボンができますよ。

作例


チュール素材のリボンの中にポンポンを入れたシースルーで涼しげなヘアゴムです。
作り方はこちらです。