難易度:ややむずかしい

作ったカールリボンを使ったバレッタの作り方です。

材料&道具

【材料】
・ 今回は、径5mm・長さ22cmの棒で作ったカールリボンを3本使って作ります。(3等分になるようにカットしておきます)
・ リボンをつけたバレッタ金具(今回は5cm使用)
作り方は、バレッタ金具 土台部分のつけ方をご覧ください。
・ 5mm幅リボン 約3~4cm

【道具】
・ 針と 糸
・ グルーガン
・ はさみ

作り方(1)

リボンをこのように持ちます。

重ね方はとても簡単で、カールが内側になるほうと外側になるほう、リボンを裏返したりしながら、交互にあわせるだけです。

作り方(2)

次のリボンは内側にカールしているほうです。

作り方(3)

合わせるとこうなります。

作り方(4)

次はまた外側にカールしているリボンです。

作り方(5)

その次はまた内側にカール、という具合にどんどん重ねていきます。

作り方(6)

すべて重ねるとこのようになります。

作り方(7)

糸を通した針で裏側から中心部分を何度か往復し、リボンをしっかりとまとめます。

作り方(8)

まとまったら、裏側でたま止めして糸を切ります。

作り方(9)

次にバレッタの金具につけますが、バネの部分ははじゃまになるので、接着するときは一旦はずしてくださいね。
少し力を入れれば外れます。

作り方(10)

まとめたリボンの裏側部分、少なくとも1cmくらいはグルーをつけ、バレッタの金具に接着します。

作り方(11)

接着するのは中央付近だけで大丈夫です。

作り方(12)

あとはバレッタの金具ごとリボンをグルー(接着剤でもOK)で接着します。


作り方(13)

小さいお子さん用でしたら、こんなプラスチックのバレッタもおすすめです。
金属製ではないので安心です。
ヘアゴム素材のお店なら置いていると思います。

作り方(14)

プラスチックのバレッタはたいてい真ん中辺りにギザギザのくしがついているものが多いので、リボンのほうだけをこのようにリボンで巻いて仕上げてから、プラスチックバレッタに接着すれば、くし部分にかからないのでいいと思います。

完成♪

完成です。

サイズ 約8cm×6㎝

リボンの長さや本数はお好みで変えてみてください。

作例

これは、径4mmの棒で作ったカールリボンで作りました。
4等分したものを3色つかっていますので、12本分です。

作例

10mm幅のリボンです。
リボンの太さがある分、仕上がりもしっかりしています。

関連ページ