グログランリボンやサテンリボンを使って作る基本形リボンの作り方はもちろん、お気に入りの布やはぎれ布を使って作る少し手の込んだ形のリボン、フェルトなどで簡単に作れるものもあり、素材や用途によって作り方を変えてみても楽しいです。
リボンの長さや向き、位置を変えるだけでも随分と様子が変わりますので、いろいろ組み合わせてみてくださいね。

基本リボン・1

ヘアゴムやバレッタ、ヘアアクセサリーにする時に一番基本となるリボンの作り方です。 作り方はとっても簡単!リボンさえあれば糸や両面テープなど身近にあるもので作れちゃいます。...

詳しくはこちら

基本リボン・2

基本のリボンを2つ使って作ります。ヘアゴムなどに一番適しているデザインだと思います。 そのままシンプルでもかわいいし、上に円形のレースやパーツを飾ってもいいですね。 2...

詳しくはこちら

シングルリボン

とてもシンプルですが、そのままでも充分かわいいリボンです。 細めのリボンでワンポイントにしたり、太めのリボンで作ってベースのリボンに使ったりと色々な用途で使えます。 作...

詳しくはこちら

ダブルリボン

シングルタイプより左右の形を整えるのが少し難しいですが、リボンの飾りなどにするととてもかわいいです。 リボンのはしの垂れる部分は、長く残すと少しエレガントな印象になります...

詳しくはこちら

中央のとめ方・1

リボンの真ん中部分を隠す時に、通常はそのままリボンを巻いて仕上げますが、少し一手間かけるとまた違った印象になります。 シンプルなデザインのリボンのワンポイントにしても素敵...

詳しくはこちら

中央のとめ方・2

こちらも中央のとめ方・1と同様、リボンの素材を生かしたデザインに仕上げる時におすすめのやり方です。 真ん中を結ぶだけなので、こちらのほうがやり方としては簡単だと思います。...

詳しくはこちら

ミシン不要・かんたん布リボンの作り方

布を使ったかわいいリボンがとても簡単に作れます。 このリボンは両面テープを使って作りますので、基本的に洗うことはできません。 洋服など洗濯が必要なものに使いたい時は、『...

詳しくはこちら

基本のリボン結び(リボン単体)

基本のリボン結びですが、物に巻きつけた時に作るリボン結びではなく、これだけで単体のリボン結びになるやり方です。 針と糸も使わないので、ちょっとしたワンポイントにも気軽に使...

詳しくはこちら

フエルトで作るリボンの作り方

フエルトを使って作る、とても簡単なリボンです。切り取ったらほぼ出来上がりです! 2mm厚の少し厚いフェルトがおすすめですが、100均などの薄いフェルトでも作れます。 ラ...

詳しくはこちら

布で作る基本のリボン

布で作る基本形のリボンの作り方です。 基本的にはミシンで縫うのがおすすめですが、細かく縫えば手縫いでも作ることができます。 中に綿を入れたり、キルト芯をはさんだりすると...

詳しくはこちら

布で作るふっくらリボンの作り方

『フエルトリボンの作り方』と同じ型紙をつかった布のリボンです。 一周ぐるっと縫うだけなので、細かく縫えば手縫いでも作れます。 ヘアゴムにしたり、ヘアバンドやカチューシャ...

詳しくはこちら

型紙で作る立体布リボンの作り方

立体リボンの型紙を使って作ります。縫う作業がほとんどありませんので、意外と簡単に作れちゃいます! サイズを変えて、ヘアピンやバレッタなどにしてもかわいいです。 小さなは...

詳しくはこちら

リボンの型紙 バリエーション・A&B

リボンの型紙 バリエーション・A&B

左右の形を少し変えて、少しアンバランスな雰囲気を出したリボンの型紙です。 だいたい型紙の中心線あたりの位置(少し右寄りになっています)で真ん中を絞ると、下記の画像のような...

詳しくはこちら

リボンの型紙 バリエーション・C&D

リボンの型紙 バリエーション・C&D

リボンの型紙ですが、上下のバランスを少し変えてあります。どちらを上にするのかは、お好みで。 サイズ違いで合わせてちょうちょのモチーフにしたりもできますよ。 型紙など...

詳しくはこちら

リボンの型紙 バリエーション・E(ちょうちょ用)

ちょうちょう型のモチーフの作り方・E

ちょちょのモチーフを作る時に使える型紙です。 一番初めに紹介する「型紙・E」はリボンのカーブがきつめになっていて、ちょうちょのモチーフを作るのに一番適していると思いますの...

詳しくはこちら

関連ページ