難易度:ふつう

左右の形を少し変えて、少しアンバランスな雰囲気を出したリボンの型紙です。
だいたい型紙の中心線あたりの位置(少し右寄りになっています)で真ん中を絞ると、下記の画像のような形のリボンに仕上がります。
布で作る場合は中にキルト芯(綿)を入れるとふんわりしてかわいいですよ。

型紙などを使ったリボンの基本的な作り方は「フェルトで作るリボンの作り方」や「布で作る基本のリボン」などを参考にしてくださいね。

型紙・A&B

丸っこい形のものと、もう少し角がはっきりしたものの二種類あります。

型紙はこちらのページからダウンロードしてくださいね。

型紙・A

フェルトの場合は2mm厚のものがおすすめですが、ヘアアクセサリーに使うぐらいの小さいサイズだったら、100均の薄い1mm厚のものでも大丈夫です。

型紙・B

中心を少し右にずらして作るのがポイントですよ。

参考(1)

こちらはミシンでぐるっと縫ったあと、表に返してから、一回り小さく切ったキルト芯を中に入れています。

参考(2)

100均のキルト芯は薄いので2枚重ねて入れています。
それぞれペップや革ひもをつけてちょうちょっぽくしました。


参考(3)

くるみボタンを飾ってもかわいいですよ。
赤いほうは22mmのくるみボタン、黄色いほうは18mmのくるみボタンです。

出来上がりサイズ 約4cm×6.8cm(型紙7センチを使用)

関連ページ