ジンボリー風・ループリボンのバレッタ

ジンボリー風・ループリボンのバレッタ

難易度:ふつう

ループ状になっているかわいいバレッタです。細めのリボンを何本か使って作ります。

材料&道具


【材料】
・今回は6cmのバレッタを使いました。
・5~15mmくらいの幅のリボン 約50cmを3本
今回は5mm幅リボンを使います。
※使用するリボンの長さは作る山の高さや数などによって変わります。
【道具】
・糸、ワイヤー、テグスなど(巻くのに使用します)
・はさみ

作り方(1)


バレッタのとめ具やバネの部分をはずします。

作り方(2)


リボンを3枚重ねた状態でバレッタに合わせ、糸やワイヤーなどで巻きます。
バレッタの両側はちょうどでっぱり部分があるので、そこに交差させるように巻くと後で、ずれにくいです。
糸端は後で結ぶので5cmくらいは残しておいてくださいね。
ます。
今回はリボンの端を少し垂らすような仕上がりにします。


作り方(3)


このようにリボンの端を2㎝くらい折り込んでもOKです。仕上がりの雰囲気が変わります。

作り方(4)


始めの部分を巻いたら、リボンをこのような感じに丸く寄せて、糸などで巻き、固定していきます。

作り方(5)


こんな感じに、3㎝くらいの山を6つ作りました。端まで巻き終わったら、最初と同じようにでっぱり部分を利用して、糸を何回か巻きずれないようにします。
そして、そのまま行きと同じように巻き、始めまで戻ります。帰りは2回巻きずつ程度で大丈夫だと思います。

作り方(6)


裏側です。

作り方(7)


あとは重なっているリボンを適当にばらします。

完成♪


完成です。
巻くものはテグスだと目立たないし、ビーズ用のワイヤーなどでも巻けます。今回のように糸を使うなら太めのもので、同系色を使ってください。
左右にスルスル動かなければOKなので、巻くものや巻き方は色々やってみてください。(*’-‘)b
バレッタのサイズによって山の数を増減してみてください。
リボンの本数や太さなどでだいぶ印象が変わります。トーションレースや裂き布などを混ぜてみたり色々アレンジしてみてください♪

作例(1)


10mm幅くらいのトーションレース3本を50㎝ほど使いました。
山は3㎝くらいのを6つ作ってみました。

作例(2)


サイズ ループの部分が約8㎝×4㎝ぐらい
全体の幅は10㎝ぐらいです。
バレッタサイズは6㎝です。

作例(3)


全体的にふんわりした感じに仕上がりました~。


作例(4)


約3㎝を6山で作りました。

作例(5)


約3㎝くらいを7山で作っています。

作例(6)


長めに6山作ってみました。

作例(7)


プラスチックバレッタでも作れます。

作例(8)


10mm幅のリボンで4山作りました。丸っこい感じでかわいいと思います。