難易度:ふつう

形が三角形になっているリボンの巻きバラです。
普通の五角形の巻バラよりもクラシカルなイメージで素敵です。
一つだけよりも二つ三つ合わせて使うとかわいいと思います。




材料&道具

【材料】
・ 25mm幅のリボン 約20cm(リボンはあらかじめカットしないほうがいいです)

【道具】
・ 針と糸
・ はさみ
・ ライター

作り方(1)

基本の巻きバラと作り方はほぼ一緒ですが、角の作り方に少しポイントがありますので、作り方を別にしました。

リボンの端はライターであぶってほつれ止めをしておきます。

左端のリボンを画像のように三角に折ります。
次に点線のあたりを向こう側へ折ります。

作り方(2)

折るとこんな感じになりますので、画像の点線のあたりまで端からリボンをくるくると巻いていきます。

作り方(3)

持ち手の下になっているリボンのほうは気にせず、上を揃えるような感じできつめにきっちりと巻いていきます。
このあたりまで巻いたところで、一旦針と糸でとめます。

作り方(4)

今巻いたところまでがゆるまないように、2,3回糸を通して玉止めしてください。

作り方(5)

芯の部分をとめたら、リボンの三角形に重なっている部分を向こう側へ折ります。

作り方(6)

リボンを少し右上に引っ張る画像のように、三角形の重なりができますので、また点線のあたりまでくるくる巻いていきます。

作り方(7)

点線のあたりまで巻けたら、また向こう側へ折ります。


作り方(8)

このあたりから三角形の形を意識して巻いていくようにします。

作り方(9)

基本の巻きバラでもこのリボンが重なった部分が短くなりやすいですが、三角形の巻きバラの場合は一辺をより長めにするので、画像のように短くなっていたら、長く修正してください。

作り方(10)

三角形の巻きバラの場合は、3つの角を合わせるように巻いていくと三角形になります。

作り方(11)

ゆるんでしまったら芯の部分を右に回してみてください。

作り方(12)

ある程度巻けたら、こんな風にひとさし指となか指ではさんで持つと巻きやすいです。

作り方(13)

希望の大きさまで巻けたら、芯の部分と外側のリボンを必ず通して、針と糸でとめます。

作り方(14)

余分な芯もはさみでカットします。
ライターで熱処理をするのも忘れずにやっておきます。

完成♪

完成です。

サイズ 約2.5cm

同じ三角形でも角と角を合わせず、少しずらしていくと少し変わった感じの巻きバラができますよ。

関連ページ