リボン・フエルト・布を使った手作りヘアゴムや簡単ヘアアクセサリーの作り方 ハンドメイドに色々使える♪ 無料型紙のダウンロード

簡単・型紙で作る立体リボンのヘアゴム

【難易度:★★☆☆☆】
 
型紙を使って、とっても簡単にできる立体リボンのヘアゴムです。
フェルトは2mm厚のもので作ると立体感が出てとてもかわいいですよ。工作感覚でできちゃいます!

材料&道具

【材料】
・ ダウンロードした”立体リボンの型紙
・ フエルト(2mm厚のものがおすすめ)
・ ウーリーゴム 約20cm
 
【道具】
・ はさみ
・ チャコペンなど
・ 針と糸

作り方(1)

ダウンロードした型紙のお好きなサイズを切り取って、フェルトに印をつけていきます。
今回は基本サイズの型紙を使います。ヘアゴムにちょうどいい大きさです。
型紙のサイズ1はピンやパッチンどめにぴったりなサイズで、サイズ5の型紙は大人用バレッタなどにちょうどいいサイズです。

補足

リボンの型紙のうち、両サイドのライン実線点線があります。
実線でカットしたものは、左右を重ねるように合わせます。薄いフェルトの時やしっかりとめたい時にこちらのラインを選択してください。
点線の方のラインは、今回作る2mm厚のフェルトのように重ねると厚みが気になる時に使います。
今回は左右を 点線のラインでカットしたもの を使います。

作り方(2)

印をつけたフェルトをカットしていきます。
フェルトをはさみで切るときのコツは、印をつけた線の内側、線を切り落とすようにカットしていくと型紙通りのサイズできれいに切れますよ。

作り方(3)

まずはリボンの部分の両端を画像のように合わせ、糸でまつり縫いし、いったん玉止めします。(糸はつけたまま)

作り方(4)

フェルトを開いて、真ん中のくぼみを合わせリボンの形にします。

作り方(5)

真ん中のところをついている糸で何回か往復し、固定します。

作り方(6)

そして、裏側のほうにリボンの垂れになる部分のフェルトを合わせます。

作り方(7)

また何回か往復してリボンと垂れになる部分をあわせてとめます。
つけたら、ここでいったん玉止めしてください。(糸つけたまま)

作り方(8)

今回はヘアゴムにしますので、このままゴムをつけていきます。
輪にしたゴムをフェルトリボンの裏側にあて、そのままぐるぐる何週かさせます。
ゴムの結び目をはさむ様に左右まんべんなく巻いてください。そして、どこかで針を一度刺してから、しっかり2回くらい玉止めしてください。

作り方(9)

真ん中の部分のフェルトを巻き、裏側をまつり縫いして、しっかりと玉止めしたら糸を切ります。
この部分の型紙は少し長めに作ってありますので、実際に巻いてみて、長さを調整してください。

完成♪

完成です。
 
今回はリボンの垂れる部分もつけていますが、リボンだけの形にしてもかわいいですよ。
型紙をあわせるだけで簡単に立体リボンのヘアゴムができます。
ヘアゴム用途でなければ、針と糸を使わず、接着剤などでくっつけていくこともできるので、小学生くらいのお子さんでも簡単に作ることができると思いますよ。

補足(1)

2mm厚のフェルトは厚みがあるので、しっかりと立体感を維持することができます。

補足(2)

リボンの垂れる部分は4パターンありますので、型紙のお好きなラインでカットして使ってくださいね。

補足(3)

型紙の細線の部分を使うとこの形になります。
この垂れ部分を使うときは型紙を2枚プリントしてくださいね。(型紙のスペースがなかったので、すみません。。)

補足(4)

リボン型の部分が幅広になった「立体リボンの型紙(ふっくらタイプ)」もできました!

補足(5)

こちらは「立体リボンの型紙(ふっくらタイプ)」です。
垂れの部分も通常タイプと同じように4種類のカットが選べますので、お好みに合わせて選択してくださいね。
また、リボン型のほうを通常タイプ、垂れの部分はふっくらタイプ、など同じ番号どうしで組み合わせて使えます。
リボンの形は細めがいいけど、垂れる部分は太いほうがいいなぁ、など色々と変えることができますよ。

補足(6)

こちらはリボン型の部分は「通常タイプの型紙」で、垂れの部分は「ふっくらタイプの型紙」を使用しています。

補足(7)

100円ショップなどで手に入る1mm厚の薄いフェルトでも作れますが、どうしてもやわらかいため、立体感があまりでないです。

補足(8)

このように薄いフェルトのときは、真ん中のあわせる部分を型紙の実線のほうでつくるといいですよ。
実線の方はリボンの両端を重ねるようにあわせるとちょうど良くなるようになっています。

作例

ベージュのリボンはバレッタです。型紙の3基本サイズと4を使用しました。真ん中は4の型紙のほうで巻きましたが、3のほうでもどちらでも良さそうです。
ヘアピンは1の一番小さい型紙で作りました。裏はグルーガンで接着しています。

補足(1)

簡単に作れるけど、意外としっかりしたリボンです。

補足(2)

ちなみにバレッタは真ん中だけグルーで接着して両端は縫い付けました。もちろん全部グルー接着でもいいです。
分かりやすく黒糸使ってますが、同系色の糸で仕上げてくださいね。

参考(1)

好きな生地を貼って作る立体布リボンもかわいいですよ。
 ⇒ 型紙で作る立体布リボンの作り方

参考(2)

使用しているフェルトです。
マーブルフェルトは少しくすんだ感じの素敵な色合いです。しっかりとした素材なので、立体感はしっかりとでると思います。
クレヨンフェルトはマーブルフェルトよりもややはっきりとした色合いです。こちらのほうが柔らかめの素材なので扱いやすいです。
 
 

こちらはマーブルフェルトです。雰囲気のある素敵な色合いです。ややしっかりめの固さです。
厚さも1mm、2mm、3mmがあり、ロールタイプも扱ってますよ。発送にゆうメール便が使えます。


 

こちらはクレヨンフェルトです。かわいらしい色合いです。
マーブルフェルトよりも柔らかめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クレヨンフェルト (約55×50cm)
価格:680円(税込、送料別) (2018/9/30時点)


 

やさしい風合いのエッセンスフェルトもおすすめです。
10本までネコポス便が使えます。


 

エッセンスフェルトの大きいサイズはこちらがお安いです。


 

はっきりした色合いのイタリアンカラーもありますよ。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

関連ページ

PAGETOP
Copyright © 2004-2018 CocoRibbon. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.